Roseau Pensant

ENTRY
LIST 募集職種一覧はこちら

JOB / INTERVIEW

デジタルマーケティング事業部
コンサルティンググループ コンサルタントチーム

杉本菜月

杉本菜月
–2018年 新卒入社
–大阪、堺市出身。神戸市外国語大学英米学科 卒業
–大学時代、留学先のニューヨークにてSNSマーケティングのインターンとして働いた経験を持つ。
–マイブームは近所の本屋の店長の影響を受け、70年代NYの写真家の写真集を見ること。
現在は、どんな業務を行っていますか?

デジタルマーケティング事業部のコンサルティンググループコンサルタントチームに所属し、クライアント様へデジタル領域におけるマーケティング戦略の立案及び実装支援を行っています。

具体的には、ECサイト・SNS戦略の立案及び実装支援、各種KPIの設計、集客戦略の立案および実装支援といった包括的なソリューションをクライアント様へ提供しています。

オンラインにおける販売の中核となるECサイトの分析、改善にあたっては、アンケート調査などの定性的なデータ分析のほか、Google AnalyticsなどのWEB解析ツールを使った定量的なデータ分析を行い、UI、UXの観点からユーザーにとって魅力的な購買体験をサイト上で設計していきます。

具体的には、例えば商品カテゴリを既存のトップスやアウターといったアイテム別カテゴリに加えてブランド別カテゴリを作成し、ユーザーがサイト内でスムーズに目的の商品を探せるようにしたり、問い合わせフォームに頻繁に寄せられる質問についてはFAQのページで回答を掲載し、ユーザーが不明点をできるだけ早くサイト上で解決できるようにしたりといった改善案をサイト制作を行っているクリエイティブチームと協働して立案、実装していきます。

現在私が携わっているプロジェクトの中でも特に力を入れており、私個人としても、会社としても必ず成果を出したいと思っているプロジェクトに百貨店を中心に店舗を展開してきた大手アパレル企業の老舗ブランド業績V字回復プロジェクトがあります。

このプロジェクトは先日始動したばかりで、キックオフにあたって現状の問題構造整理、プロジェクト推進によって目指す姿、推進プロジェクト一覧といった取り組み方針をストラテジック・プランニング事業部の戦略コンサルティング室と協働してご提案しました。私は今後デジタルマーケティングコンサルタントとして、ECサイト、SNS、オウンドメディア、メルマガの数値実績を棚卸し要因分析、そして現状の課題を抽出し、数値改善のためのオンラインにおけるアクションプランを設計、ご提案していきます。

クライアント様の今後を担う一大プロジェクトであり、私個人としても会社としても大きく成長できるプロジェクトでもあるので、結果にこだわりながら全力で取り組んでいきたいと思っております。

ロゾパンサンでデジタルマーケティングコンサルタントとして働く魅力を教えてください。

魅力として感じるのは、まずデジタル領域のマーケティングコンサルタントとして早く、力強く成長していける点です。

ロゾパンサンでは、現在アパレルブランドからガジェット系メーカー、歯科医院まで業界、事業規模も様々な多数のクライアント様をご支援させていただいています。メンバーは複数の異なるクライアント様のプロジェクトに携わるため、様々なユーザーをターゲットにしたデジタルマーケティングの経験を積むことが可能です。

また、平均年齢が20代後半と若くかつ少数精鋭体制のため、大手企業とは異なり大きな裁量を若くから持ち、プロジェクトに携わることができます。もちろん責任も大きいですが、その分成長機会も多くあるため若くして多種多様なソリューションが提供できるデジタルマーケティングコンサルタントとして力強く成長していくことができます。

更により大きな魅力だと感じるのは、デジタル領域のスキルに限らず、コンサルタントとして重要なスキルである「事業全体を見る力」そして「伝える力」も養っていけることです。

まず「事業全体を見る力」についてお話すると、私たちデジタルマーケティングコンサルタントはクライアント様の課題解決のために、デジタル領域におけるマーケティングソリューションを提供しています。

しかし近年消費者の購買行動は、SNSなどでブランドや商品を知って興味を持ち、店頭で実際に商品を見て検討、後日ECサイトで購入するというように複数のオンラインチャネル、オフラインチャネルを行き来するルートが一般的になってきています。そのためデジタル領域に限ったマーケティングでは購買行動の一部にしか影響を与えられず、施策の効果を最大化することができません。

こういった時代の流れに対応し、ロゾパンサンでは、各フェーズにおける専門チームが協力してオンライン、オフラインを融合させたトータルソリューションを一気通貫で提供しています。具体的には、私たちデジタル領域のマーケティングコンサルタントの他、経営戦略や事業戦略を策定、実装する戦略コンサルタントチーム、様々な方法でクライアント様とターゲット顧客とのコミュニケーションを設計するコミュニケーションデザインチーム、オンライン上の広告を通して売り上げに貢献するメディアマーケティングチーム、そしてECサイトやブランドサイトにおける戦略策定・実装まで行うクリエイティブチームがあり、プロジェクトにおいてはチームを横断して戦略立案、そして実装まで行っています。

このロゾパンサンの最大の強みである、一気通貫でのトータルソリューションが提供可能な組織体制により、私たちデジタルマーケティングコンサルタントは経営戦略から事業戦略といった事業の川上から販売に近いECサイト戦略などの川下まで関わることができ、デジタル領域の知見を養いながら「事業全体を見る力」を身に付けることができます。

次に「伝える力」についてです。ビジネスパーソンの必須スキルといえる「伝える力」ですが、私たちコンサルタントにとっては更に重要度が高いスキルといえます。というのも、私たちはあくまでコンサルタントのため、アクションプランにおいては主に実行支援という立場です。そのためクライアント様に実際にプランを行っていただくには、そのアクションプランがどれだけ課題解決に有効なものであるかクライアント様へ伝えられなければいけません。

ロゾパンサンでは、入社後早い段階からクライアント様へ伝えるための重要なポイントを、上長や先輩に指導してもらいながら、計画を立案、提案します。具体的にどういったことを指導されているかというと、例えば私たちは資料を作る際、まず誰に向けた資料なのかを明確にするように教えられます。

それは資料を読む人がどのような業務を担っているのかによって、伝えたいこと、資料を読んだ後に起こしてほしい行動が変わってくるからです。例えば、経営など事業の川上に近い人であれば中長期的な目線で事業を見ているため、今月や来月の行動計画を細かく羅列した資料を渡すよりも、プロジェクト全体が目指す姿やビジョンを強く訴えかけた方が効果的かもしれません。

また、逆に販売や制作の現場に近い人であれば、5年後や10年後という大きなビジョンよりも今月や来月など短期的な目線で具体的にどういうアクションプランを行っていくのかを伝えた方が、次に取るべき行動を想像してもらいやすくなりプロジェクトへの理解につながることがあります。

上記のようなことはあくまで一例ですが、このように経験豊富な上長や先輩の指導を受け実際にクライアント様へ提案することにより、コンサルタントとして重要なスキルである「伝える力」を着実に身につけていける点はロゾパンサンでデジタルマーケティングコンサルタントトとして働く大きな魅力だといえます。

杉本さんの今後の目標を教えてください。

今、目標としているのは所属するコンサルタントチームの組織体制を整備し、個人としてだけではなく、チームで成果を出していくことです。コンサルタントチームには現在、役職者1名と私を含む若手メンバー3名が所属しています。私たち若手メンバー3名は同世代で、共に戦う仲間であり、刺激し合える良きライバルでもあるのですが、今後は会社の成長に伴い新メンバーも続々と入ってくるため、それぞれにマネジメントスキルが必要となってきます。

これまでは3人とも自分のプロジェクトに必死でチームの体制整備に積極的に携われていませんでしたが、今後は個人レベルにおいてだけではなくチームレベルにおいての目標達成も念頭に置き、新メンバーの教育体制の整備や、横のつながりの強化など主体的に組織整備に関わっていきたいと思っています。

またプロジェクトにおいては、最初にもお話した大手アパレル企業の老舗ブランド業績V字回復プロジェクトで成果を出すことです。初めて経験することも多く、すでにいくつかの壁にぶつかっていますが、このプロジェクトを成功させることができれば私も会社も一回りも二回りも大きく成長できているはずなので、クライアント様の本質的な課題解決に大きく貢献できるよう全身全霊で取り組んでいく所存です。

JOB / INTERVIEW

COMMING SOON

COMMING SOON

デジタルマーケティング事業部
クリエイティブチーム

COMMING SOON

COMMING SOON

メディア事業部

Contactお問い合わせ

サービスに関するご相談から、採用に関するご質問まで、
お気軽にお問い合わせください。
後日担当者よりご連絡させていただきます。